最近なかなか調子が良い施策の件

 

 

 

今ではフォローアップとしてニュースレターを発行しているところも多いのではないでしょうか?

 

せがわ接骨院では、1ページ目だけ私(せがわ)がカチカチとやって残り3ページは業者さんというやり方で毎月発行しています。

 

そのニュースレターですが、既存患者さんに手渡しや郵送だけでなくこういったことも是非やってみてください。

 

画像をご覧のとおり、ブラックボード(立て看板)に”せっちゃんだより(ニュースレター)”を入れています。

 

なんだろう、一見チラシと違ってカラーでなく白黒なのが珍しいのか毎日3枚ほど手にとっていかれます。(最近、チラシの方は、ほとんど取られませんでした涙)

 

せっちゃんだより(ニュースレター)には電話番号やLINE@のQRコード、ホームページ検索の表記があるので、そこから問い合わせやこのような質問→「楽しみに読んでいます」「いつが発行ですか?」など、面倒くさいっちゃ面倒くさいのですがそこそこ反応があります。

 

分類の観点から考えると、そのまま予約っていう”今すぐ客”というよりは”そのうち客”になるかと思います。

 

ただこういった何らかの反応があることは後からじわじわと成果が来ることが分かる人には察しがつくはずだし、普段から、このようなことを考えながら実践するだけできっと成果が出るでしょう。

 

チラシと違って、いついつまでいくらみたいな売り込み色が強くないのが良いのでしょうね。

 

ちなみに、せっちゃんだより(ニュースレター)の内容はほぼ治療とは関係のないことで小ネタとしてチョロっと栄養のことを書いたりしています。

 

せっかく良いニュースレターがあるのならブラックボード(立て看板)への設置も試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA