「うちは保険使えますよ!」

「うちは保険使えますよ!」

 

先日、とある経営塾(100名位)に参加しました。

 

ちなみに治療家だけのものではありません。

 

そこでふと気づいたことは、、、

 

「治療家がそこそこ多い」ってこと。

 

まぁ昨今の治療院のマーケティングブームってのもあるのでしょうか。

 

腕だけあれば紹介で、、、これだけでは患者さんに来てもらえない。ことが分かってきたのでしょうか。

 

究極のところ、腕があれば紹介でわんさか来てくれることは間違いはないはず。

 

でも、来てくれない。

 

どうも腕だけではどうにもならないことが起こっています。

 

 

話は戻って、

 

経営塾に参加して、その中でも特に何に驚いたのかと言うと、治療家はそこそこ多いのに「整骨院の先生(柔道整復師)がメッチャ少ない」ってこと。

 

整体やセラピストなどの先生がむっちゃ多い。

 

どうでもいいのかもしれませんが、、、

 

「整骨院の先生(柔道整復師) この先大丈夫なの?」

 

保険が効く、効かない。厳しくなったとかや資格の有無ってのもあります。

 

言い出すと、それこそ理不尽なことって結構あります。

 

私も、よーく分かります。柔整師なので。

 

しかし、患者さんから見るとどうなのでしょうか?

 

「〇〇整骨院、〇〇整体院」

 

きっと違いってわからないと思いますよ。

 

何がどう違うのか?

 

まさか「うちは保険使えますよ!」ではないですよね。

 

まぁ それも有りっちゃ有りですが、、、

 

ライバルとは違うメッセージを見込み患者さんに伝えることが、これからは更に必要になってくることは間違いないでしょう。

 

ぜひ、ライバルとの違いをノートに書き出しすることをおススメします!

 

コメントを残す

CAPTCHA