「チラシポスティングの反応率って何%?」

「チラシポスティングの反応率って何%?」

 

結論から言うと、

 

高ければ高いほうがいいですし、

 

「あなたが何%の反応を出したいのか?」で決まります。

 

あくまで自分の設定の定義付けです。

 

意地悪な答えですが、、、

 

(一般的には0.1% 1000枚まいて1件問い合わせと言われています)

 

そもそも、実際に何%という答えはありません。

 

というのも地域によっても違うし、ターゲットによっても違います。

 

もちろんオファーによっても違ってきます。

 

地方都市でチラシだけで毎月20名とかガンガン集客できている院もあれば、チラシの競合が多いところなんかでは、反応が1~2名、はたまたゼロってことも少なくありません。

 

競合が多いところなんかは、ほぼほぼ価格勝負になっている感じさえします。

 

そうなると、結局のところテストするしかありません。

 

じゃ実際にチラシをまいてどういったことをするのか?

 

何を基準に判断するのか?

 

一番簡単で確実なのが

 

「CPAとLTVで判断すること」

 

CPAとは、1人の患者さんを獲得するのに掛かったコスト。

 

例えば、2万円の広告費で5人集客した場合:2万÷5人=CPAは4000円

 

LTVとは、1人の患者さんが通ってくれた総売上

 

例えば、患者さんが100人で総売上100万円の場合:100万÷100人=LTVは1万円

 

単純に、

 

CPA<LTV

 

この形だと利益が出ているので広告はやり続けるべき。

 

逆に、

 

CPA>LTV

 

この形だと広告をやればやるほどマイナスになります。

 

なので、チラシだとヘッドラインやオファーなどの改善の余地ありです。

 

なので反応率が何%がいいのか?

 

ではなく、

 

LTVはCPAよりも高いのか?

 

それとも低いのか?

 

もちろんこれはポスティング以外の、PPC広告なども同じこと。

 

媒体別で計測するといいでしょう。

 

CPAを下げるという考えは間違いないのですが、まずはLTV(リピート)を上げること。

 

簡単に言うとLTVを上げてCPAを下げる。

 

それだけやってれば、必ず利益は増えていきます。

 

結局のところ何が言いたいのかというと【数字計測】が必要なのです。

 

数字計測をしておくとCPAやLTVだけでなく治療院経営において改善すべきところが分かりますよ。

 

コメントを残す

CAPTCHA